フリードのの燃費・実燃費について調査

フリードの燃費・実燃費を検証

フリードはホンダが生産販売するコンパクトミニバンで、購入しやすい価格も相まって人気の車種となっています。

 

2~3列目のウォークスルー等の使い勝手のよさや、コンパクトなサイズながら運転性能も悪くなく、レジャーから日常の足と場面を選ばない使いまわしが可能となっています。そうなれば当然気になってくるのは燃費性能です。

 

このサイトではフリードの燃費や実燃費をあらゆる方向から検証、確認をしていきます。

 

 

ガソリン車とハイブリッド車の性能・コストを比較

 

フリードはガソリンとハイブリッドの二種類からパワーユニットを選択できます。

パワーユニット

エンジン(cc)

燃費性能

ハイブリッド

1500cc

26.6~27.2km/リットル

ガソリンエンジン

1500cc

19.0km/リットル

※2WD車での比較

 

↑の表はフリードの各パワーユニットの燃費性能になります。ごらんいただけばわかるように、フリードハイブリッドは燃費性能においてガソリン車を大きく上回っています。ですが、これで「フリードはハイブリッドの方がコストが安くなる」と思ってしまうのは少し早いです。どちらのコストが安く上がるかはそんなに単純なことではないのです。

 

フリードのハイブリッド車はガソリン車と比べると、バッテリーを積んだり、複雑なシステムの為の装置を追加しなければなりません。当然、車体価格は上がってきますので「燃料コストが低ければトータルコストも下がる」というような話にはならないのです。フリードはガソリン車とハイブリッド車の車体価格が30~40万ほど開いていますので、この価格差は無視できません。

 

パワーユニット

1km走るのにかかる燃料代

ハイブリッド

約4.4~4.5円

ガソリンエンジン

約6.3円

 

↑の表はフリードのそれぞれのパワーユニットで1km走行した際の燃料コスト表です。フリードのハイブリッドで走るとガソリンエンジンと比較して、だいたい1.8円~1.9円くらい燃料コストを安く上げることになります。なのでフリードのハイブリッドで10万キロ走行すれば18~19万円燃料代が浮くという計算になります。

 

ですが、フリードのハイブリッドとガソリン車の車体価格差は30~40万円程です。つまり、フリードのハイブリッドで10万キロ走ったとしても、車体価格差を埋めるほどの効果はなく、トータルコストで考えるとガソリン車の方が安くついてしまうのです。フリードのトータルコストが釣り合うには20万キロ以上は走らなくてはならないでしょう。絶対に不可能という訳ではありませんが、ここまで持たせるのはかなり厳しいのではないでしょうか? コストに関してはガソリン車の方がお得だと言えるでしょう。

 

ということは、フリードのハイブリッド車を買ってしまうと損するんじゃないの? と思われるかもしれませんが、そうとも限りません。フリードのハイブリッドには燃費性能が高い以外にもメリットがあります。

 

バッテリー走行中は、走行音が静か。
燃費性能がいい分、ガソリンスタンドに給油に寄る回数を減らせる。
付属しているモーターの分、ガソリン車より大きなパワーを持つ。
ハイブリッド車は、中古車として売却する時に買い取り価格(リセールバリュー)が高くなりやすい。

 

フリードのハイブリッドを選べばこのようなメリットがあります。たしかにトータルコストだけを考えれば、お得ではないかもしれません。ですが、快適な運転というものはお金を出してでも手に入れる価値があると言えます。このようなフリードハイブリッドの「メリット」と数十万円のコストアップが釣り合うかどうかを検討すれば、買う価値もあるのではないでしょうか?

 

パッと見のコストだけではなく、様々な要素を検討することでフリードのどちらを選択するかを考えなければ、どちらがお得なのかの答えを出すことはできないでしょう。

 

パワーユニット種別

燃費

トータルコスト

ガソリン

ハイブリッド

 

 

まとめると、

 

トータルコストにこだわりたいのであれば、フリードガソリン車。
快適な運転にこだわるのであれば、フリードハイブリッド。

 

というような選び方をすればいいでしょう。

 

4WDの燃費性能はどう違う?

どんな車種でも4WDは2WDよりも燃費性能が悪くなるイメージがありますが、フリードもそうなるのでしょうか?

 

車種名

2WD→4WD 燃費性能(km/リットル)

燃費低下率

フリードハイブリッド

26.6~27.2→25.2

4.1~7.3%

フリードガソリン

19.0→17.6

7.3%

 

 

フリードはハイブリッドであれば4.1~7.3%、ガソリンなら7.3%の下がり幅となりました。4WDのフリードで年間1万キロ走行したとしても3000~5000円とさほど大きくない燃費ロスになります。

 

4WDにすれば燃費が落ちるのは当然ですし、同クラスでも車種によっては25%程度の大幅な落ち幅の車種があることを考えたら、フリードはこの項目に関しては優秀な方だと言えます。ですが、車体価格20万円程アップすることは忘れないようにして下さい。

 

もしも、4WDのために20万円のコストアップを受け入れられるのであれば、燃費性能低下に関してはさほど気にする必要はないでしょう。

 

各グレードごとの燃費性能に差はあるの?

フリードは各グレードでほんの少しだけ燃費性能に差があります。

 

パワーユニット

グレード名

燃費性能

ハイブリッド

フリード+ HYBRID EX

26.6km/リットル

ハイブリッド

フリード+ HYBRID G・Honda SENSING

27.2km/リットル

ハイブリッド

フリード+ HYBRID B

27.2km/リットル

ハイブリッド

フリード HYBRID EX

26.6km/リットル

ハイブリッド

フリード HYBRID G・Honda SENSING

27.2km/リットル

ハイブリッド

フリード HYBRID B

27.2km/リットル

ガソリン車

フリード+ G・Honda SENSING

19.0km/リットル

ガソリン車

フリード+ G

19.0km/リットル

ガソリン車

フリード+ B

19.0km/リットル

ガソリン車

フリード G・Honda SENSING

19.0km/リットル

ガソリン車

フリード G

19.0km/リットル

ガソリン車

フリード B

19.0km/リットル

※2WD車のデータです。

 

ガソリン車は燃費が全て横並びですが、ハイブリッドは一部でほんの少しだけ燃費が変わってきます。これはどうしてでしょうか?

 

 

下に一部グレードをピックアップして表にしたのでご覧ください。

 

グレード名

車体重量

燃費性能

フリード HYBRID EX

1,430kg

26.6km/リットル

フリード HYBRID G・Honda SENSING

1,410kg

27.2km/リットル

フリード HYBRID B

1,400kg

27.2km/リットル

 

見ていただければわかるように違いは車体重量です。上級グレードになれば重量が重くなり、必然的に燃費が少し下がるということになります。

 

ですから、廉価グレードでもオプションをたくさん追加すると車体重量が重くなり、結果的に燃費が悪くなることもありますので気をつけて下さい。
つまり、実質的にフリードにグレードによる燃費の違いはまったくないということになります。

 

グレード選択を行う時は、予算と装備内容の兼ね合いで行うようにしましょう。

 

ライバル車(シエンタ、ウィッシュ、ラフェスタ)との燃費を比較

フリードを買うのはほぼ決定していても「しかし、ライバル車の燃費性能はどんなもんだろう?」と気になってしまうのもよくあることです。フリードのハイブリッドとガソリン両方でライバル車との比較を行いましょう。

 

最初にハイブリッドのフリードを比較していきます。ハイブリッドのミニバンは数が少ないですから、見渡しても同クラスのライバルとなりそうなのはシエンタくらいしかいません。

 

車種名

車体価格(ハイブリッド)

燃費性能

フリード

 

225~274万円

25.2~27.2km/リットル

シエンタ

 

222~232万円

27.2km/リットル

 

↑の表はハイブリッドのフリードとシエンタを燃費性能と車体価格面両方で比べているものです。車体価格に関しては上級グレードではややフリードの方が高価になってしまいますが、廉価グレードに関してはほとんど同じ価格となります。

 

車種名

1km走るのにかかる燃料代

フリードハイブリッド

約4.4~4.7円

シエンタハイブリッド

約4.4円

※ガソリン価格120円/リットルで計算

 

シエンタと違いフリードはグレード次第で少し燃費が変化します。とはいえ、一番差が大きくなる状況でもわずか0.3円です。年間1万キロ乗ってもコスト差は3000円にしかなりませんから、燃料コスト差に関しては気にする必要ないでしょう。

 

車種選択をする際は車体価格とスペック、好みとの兼ね合いで決めるようにしましょう。

 

 

 

続いてガソリンのフリードに関する比較を行っていきます。ガソリン車であれば、シエンタのほかにライバル車は増え、ウィッシュやラフェスタも比較対象となります。車体価格と燃費性能をチェックしていきましょう。

車種名

車体価格(ガソリン)

燃費性能

フリード

188~212万円

19.0km/リットル

シエンタ

168~198万円

20.2~20.6km/リットル

ウィッシュ

190~259万円

14.4~16.0km/リットル

ラフェスタ

230~270万円

15.2~16.2km/リットル

 

↑はフリードのガソリン車とライバル車の車体価格・燃費を比較した物です。

 

ハイブリッドではシエンタとほぼ互角の車体価格だったのですが、ガソリン車になると少し車体価格が開いてしまいました。ですが20万であればフリードに対して強い思いがあればギリギリ埋められる金額とも言えます。ウィッシュとラフェスタ相手では車体価格・燃費ともに大きくリードしています。

 

車種名

1km走るのにかかる燃料代

フリード

約6.3円

シエンタ

約5.8円~5.9円

ウィッシュ

約7.5円~8.3円

ラフェスタ

約7.8円~9.0円

 

車体価格・実燃費両方でシエンタに後れを取ってしまいましたが、車体価格にしても燃費性能にしても、フリードは思い入れ次第で十分勝負できる僅差につけています。

 

しかし、ウィッシュとラフェスタは車体価格が大きいことに加えて実燃費に関しても年間3万円近い差が出てしまいますので、コスト面では勝負になりません。

 

フリードよりもワンサイズ大きい車種(セレナ、ノア/ヴォクシー、ステップワゴン)との比較

車種選びのに幅を持たせるために、フリードよりも一回り大きいサイズの車種とも比べてみましょう。この場合にも車体価格と燃料コストを併せてコスト面での総合的なデータを比較していきます。

 

車種名

車体価格

燃費性能

フリード

188~212万円

19.0km/リットル

セレナ

243~301万円

15.0~17.2km/リットル

ノア/ヴォクシー

228~273万円

14.6~16.0km/リットル

ステップワゴン

228~299万円

15.4~17.0km/リットル

※2WDガソリン車のデータです。

 

確かに一回りサイズが大きい分、車内空間や荷室などに余裕はできるのでしょうが、当然価格もかなり上昇します。では、実際にどのくらいトータルコストがアップするのかを、一番価格差が少ないノア/ヴォクシーとで比較してみましょう。

 

フリード 車体価格188万円+燃料代(年間1万キロ走行)6.3万円=194.3万円

 

ノア/ヴォクシー 車体価格228万円+燃料代(年間1万キロ走行)8.2万円=236.2万円

 

差額 -41.9万円(フリードの方が41.9万円トータルコストが安い)

 

このようにサイズアップでトータルコストは大きく上昇します。

 

サイズが大きくなって快適になるかもしれませんが、40万円以上もトータルコストはアップします。ここまで価格に差がつくと、本来フリードを購入する予定であったなら予算オーバーは確実です。

 

フリード購入予定だったなら、このサイズの購入はやや資金繰りは厳しくなるでしょう。なんとか買ったとしても車の維持がきびしくなって、手放してしまうよりは、当初の目的通りフリードを購入した方がいいのではないでしょうか。

 

コンパクトカー(アクア、フィット、ソリオ、タント)との比較)

車のカテゴリは変わってしまいますが、コンパクトカーとも比べてさらに選択の幅を広げてみましょう。

 

車種名

車体価格

燃費性能

フリード(ハイブリッド)

225~274万円

25.2~27.2km/リットル

アクア(ハイブリッド)

176~210万円

33.8~37.0km/リットル

フィット(ハイブリッド)

169~205万円

31.4~36.4km/リットル

ソリオ(ハイブリッド)

191~212万円

32.0km/リットル

タント(ガソリン)

122~150万円

26.0~28.0km/リットル

 

各々の長所を挙げると

 

ミニバン

スライドドアがついている
乗車人数
室内空間の広さ

 

コンパクトカー

取り回しのよさ
維持コストの安さ

 

サイズや車種次第で多少は変わるとは思いますが、概ねこういったところでしょう。

 

取り回しのよさや維持コストなどコンパクトカーにもよい点は多くあります。ですが、乗車人数は五人乗りになってしまい車内空間が狭くなるなど快適性・利便性では大きく下回ってしまいます。本来何に魅力を感じでフリードを選ぼうとしていたのか、といった点を改めて考えて本当に必要な方を買うようにした方がいいでしょう。

 

フリードの実燃費はどのくらいか実際に検証

 

これまでに、フリードの燃費性能について比較を行ってきましたが、そもそもこの数値はカタログスペックです。カタログスペックは運転の仕方や運転環境によってなど外部の要因により大きく変わってくるものです。なので、「実際に運転してみたときの数値はどの位になるの?」という疑問を持つドライバーも多くいることでしょう。

 

そこで、実際にフリードのガソリン・ハイブリッド車に乗車して取得した数値をご紹介します。

 

どちらのフリードのデータも長い距離を走行した物ではありませんから、厳密な数値とは言いがたいですが、カタログスペックよりは実燃費に近い物が出るでしょう。

 

 

 

試乗車:フリード HYBRID B、フリード B
条件:1名乗車、エアコンON

 

ハイブリッド 21.4km/リットル(実燃費)
ガソリン車 15.9km/リットル(実燃費)

 

ハイブリッドはカタログスペックからやや下がったものの健闘し、21.4km/リットルという数字になりました。ルートが郊外だったのもあり、ハイブリッドの強みがあまり生かせなかったのもあるかもしれません。

 

ガソリン車の場合は15.9km/リットルという結果になり、こちらも悪くはありません。どちらも、カタログスペックからこの位の下がり方であれば十分合格といった数字ではないでしょうか。

 

状況別の燃費性能に差は出る?

運転する環境が変わるとどれくらい燃費が変化するのかを調査していきましょう。

 

市街地(街乗り)

 

市街地ではブレーキを踏む回数が多くなりがちです。その為、フリードのハイブリッドは燃費面でより一層プラスとなり、実燃費もかなりカタログスペックに近づくことができるでしょう。ですが、ガソリン車もアイドリングストップが効いていますので、大幅な燃費損失には至りません。

 

郊外

 

ブレーキを踏む回数が減ってくる郊外であれば、ハイブリッドが有利となる場面も減り、実燃費では不利な状況です。反面、ガソリン車はブレーキを踏むことなく高速走行を続けることができる為、カタログスペックにかなり近い数値を出すことができました。ですから、有料道路や高速道路であればより一層よい数字が出るはずです。

 

渋滞

 

渋滞が発生している状態であれば、フリードハイブリッドはその恩恵を最大限に発揮します。電動走行でカタログスペックに近づくことになります。逆にガソリン車は高速走行がまったくできないために、燃費がかなり悪くなってしまいます。

 

坂道

 

坂道ではフリードのハイブリッド・ガソリン共に燃費性能は低下します。

 

まとめると、

 

居住環境

おすすめパワーユニット

市街地

ハイブリッド

郊外・田舎

ガソリンエンジン

山岳地

ガソリンエンジン

 

それぞれの状況にふさわしいパワーユニットは上記の表のようになります。市街地においては、信号で止まったり、渋滞で停車・発進を繰り返しますので、ハイブリッドがその力を存分に発揮できます。トータルコストで考えると不利になりやすいハイブリッドも、市街地での利用が基本になるのであればコスト差は埋まりやすくなるでしょう。

 

逆に、郊外田舎での使用をメインに考えているのであれば、ハイブリッドの利点を生かすことはできません。トータルコスト差が縮まりづらくなってしまいますから、ガソリン車の方が大幅に勝ることになります。山岳地においてはわかりやすくどちらのパワーユニットが有利ということはありませんので、もともとコスト面で優遇されているガソリンの方がお得でしょう。

 

実燃費の口コミを調べる

上で紹介したフリードを試乗した際の実燃費は、あくまでも一回試乗した時のものです。どんな人が何度乗ってもこの数字になるということはありません。もっと正確なフリードの燃費データを出すためには、試乗を何回も繰り返してその平均値をとらなければなりません。これはとても手間のかかることですし、なかなかそうもいきません。

 

フリードの正確な実燃費データが欲しければ、「みんカラ」を使いましょう。

 

 

フリードの燃費まとめ

上で紹介したフリードを試乗した際の実燃費は、あくまでも一回試乗した時のものです。どんな人が何度乗ってもこの数字になるということはありません。もっと正確なフリードの燃費データを出すためには、試乗を何回も繰り返してその平均値をとらなければなりません。これはとても手間のかかることですし、なかなかそうもいきません。

 

フリードの正確な実燃費データが欲しければ、「みんカラ」を使いましょう。

 

こちらのサイトを使っている方たちが、フリードに限らず様々な車の燃費データを投稿しています。平均値に関しても一目瞭然ですから、フリードの実燃費を調べるのにとても役立ちます。

 

参考ページ:みんカラ

 

パワーユニット

投稿件数

平均実燃費

フリードハイブリッド

1000件以上

15.6km/リットル

シエンタハイブリッド

500件以上

18.6km/リットル

フリードガソリン

4000件以上

12.4km/リットル

シエンタガソリン

2000件以上

12.6km/リットル

ウィッシュガソリン

8000件以上

12.0km/リットル

ラフェスタガソリン

1000件以上

10.4km/リットル

 

↑は平均実燃費表です。残念ながらフリードハイブリッドは20km/リットルには届きませんでしたが、まだこの位の差ならシエンタとも十分勝負できます。

 

ガソリン車に関してはライバルと僅差であり、ほとんど同じと言ってもいいでしょう。二けたを切ることもなく健闘したと言えるでしょう。

 

カタログスペックや試乗した際の数字よりは落ちてしまいましたが、ハイブリッド・ガソリン共にライバルであるシエンタに迫る数値を出せたと言えます。

 

フリードの燃費まとめ

 

フリードハイブリッドは数少ない強力なライバルとしてシエンタがいますが、車に対する思い入れや好みで十分勝負できる差に留まっています。

 

フリードガソリン車については差はほとんどなく、全くの互角と言ってもいいでしょう。

 

まとめると、ハイブリッド車ではやや差がついてしまいましたが、ガソリン車に関しては引けを取らず、燃費面でも十分勝負できます。